カツラギ サトコ   KATSURAGI Satoko
  桂木 聡子
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   職種   教授
研究期間 2013/04~2016/03
研究課題 要介護高齢者の嚥下障害と服薬方法に関する研究
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(C)
科研費研究課題番号 25350694
キーワード アドヒアランス, 要介護者, 食事形態, 嚥下障害, 付着性, 服薬困難, 反復唾液のみテスト, 残薬, 要介護高齢者, 口腔内崩壊錠, 服薬, 自立度, 剤形
代表分担区分 研究分担者
代表者 野崎 園子
概要 目的:服薬困難は内服治療の効果判定を不正確にし、服薬アドヒアランスを損なう。高齢者の服薬困難の実態を調査し、その課題を検討した。方法:服薬困難の定義は、薬の嚥下困難感やむせ、3回以上のみ込む動作、水で流し込む、口腔・咽頭・食道内残薬または残留感 、薬の喀出とした。摂食嚥下障害専門職により 服薬困難と判断された65歳以上の230名(29施設)を対象とした。結果:服薬困難患者の49%で口腔や咽頭内に残薬が、どの剤形でも認められた。服薬自立は29%、平素の食事が普通食は30%、嚥下スクリーニングテストは17%が正常であった。結論:服薬管理を担う医療スタッフの臨床的観察と連携が必要である。