ニシムラ アキコ   NISHIMURA Akiko
  西村 明子
   所属   兵庫医療大学  看護学部 看護学科
   兵庫医療大学  大学院看護学研究科 看護学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/08
形態種別 その他
標題 私とQOL 赤ちゃんのQOLのために
執筆形態 単著
掲載誌名 臨床看護
出版社・発行元 へるす出版
巻・号・頁 35(9),1379-1379頁
著者・共著者 西村明子
概要 母親の産後うつ病は、10~15%の割合で発症し、子どもの発達に悪い影響を与えることが報告されている。最近では、父親の産後のうつ状態が注目され、母親と同様、子どもの発達に悪影響があることがわかってきた。新しい子どもを迎えた家族と子どもの健康を守るためには母親、父親の両方にサポートが必要である。
ISSN 0386-7722