サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2012/11/11
発表テーマ 脳血管障害後片麻痺者の共同運動と筋力との関係.
会議名 第52回 近畿理学療法学術大会
学会区分 地方学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 奈良市
発表者・共同発表者 佐久間香,大畑光司,北谷亮輔,橋口優,山上菜月,渋田紗央理,市橋則明.
概要 目的;筋力発揮条件と随意筋力が共同運動に与える影響について調べること
対象;脳血管障害後片麻痺者27名
方法;麻痺側の随意最大等尺性股関節屈曲筋力,最大筋力の50%および25%を3秒間発揮した時の前脛骨筋の筋活動を測定。また,麻痺側と非麻痺側の随意足関節背屈,底屈筋力も測定。足関節底屈筋力健患比の結果より,平均値より大きい群と低い群に分類し,両群の違いを調べた。
結論;足関節底屈筋力が低い片麻痺者で,股関節屈曲筋力発揮水準の上昇に伴って,足関節背屈筋の共同運動が増加しやすくなっていることが示唆された。