サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2014/05
発表テーマ 片麻痺者の共同運動がtimed up and goに与える影響.
会議名 第49回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 横浜市
発表者・共同発表者 佐久間香,大畑光司, 泉圭輔, 塩塚優, 市橋則明.
概要 目的;片麻痺者の共同運動の特徴を調べ,共同運動と動作能力との関係を明らかにすること
対象;歩行可能な地域在住の片麻痺者13名と健常者13名
方法;初めに,股関節伸展トルクを生じずに発揮できる足関節底屈トルクと最大等尺性股関節伸展トルク発揮時に付随的に生じた足関節底屈トルク(STo)を測定。次に,最大等尺性股関節伸展トルクを変化させ,最大の25%,50%,75%,100%発揮時に生じたSToを測定。最後に,10m歩行速度とtimed up and goを測定。
結論;選択的随意トルクの発揮が困難な片麻痺者は,共同運動を用いて動作に必要なトルクを補完している場合があることが示唆された。