サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2009/05
発表テーマ 腹筋群の収縮および骨盤の肢位が股関節伸展動作時の筋活動に与える影響.
会議名 第44回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京都
発表者・共同発表者 ◎泉圭輔, 佐久間香, 北村敦之, 建内宏重.
概要 目的;腹筋群の収縮や骨盤の肢位の違いが股関節伸展筋群に与える影響を明らかにすること
対象;健常若年男性10名
方法;体幹と股関節伸展筋の筋活動における,腹筋群の収縮や骨盤の肢位について何も指示しない,腹筋群を収縮させる,骨盤5°前傾位,骨盤5°後傾位の4条件の違いを調べた。
結論;骨盤後傾位で背筋群筋活動量に減少がみられ,骨盤前傾位では,大殿筋の筋活動量が減少した。腹筋群を収縮させることにより股関節伸展に伴う骨盤の前傾が制御され,股関節伸展筋の筋活動量増加が得られることが示唆された。