サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2009/05
発表テーマ サイドブリッジにおける肢位の違いが体幹筋ならびに股関節周囲筋活動に及ぼす影響.
会議名 第44回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京都
発表者・共同発表者 ◎大明篤史, 佐久間香, 高島慎吾, 飛山義憲, 市橋則明.
概要 目的;サイドブリッジにおける下肢外転角度による違いが体幹筋ならびに股関節周囲筋活動に及ぼす影響について明らかにすること
対象;健常成人男性10名
方法;下肢筋筋活動における4種のサイドブリッジの違い(通常のサイドブリッジ,通常のサイドブリッジから左股関節をそれぞれ10度,20度,30度外転位で保持した肢位)を調べた。
結論;サイドブリッジにおいては下肢外転角度を変化させることで選択的に筋活動を増加させることが可能となることが示唆された。