サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2014/05
発表テーマ 素早い切り返し動作において重要な動作様式の検討.
会議名 第49回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 横浜市
発表者・共同発表者 ◎西村里穂, 建内宏重, 小山優美子, 佐久間香, 山内大士, 市橋則明.
概要 目的;踏切場面での重心加速度を大きくする動作様式を解明すること
対象;大学で部活動を行っている健常女性13名
方法;測定課題は,自然落下から利き脚で着地後,前斜方30̊ 方向への切り返しとした。三次元動作解析装置,床反力計を用いて動作中の力学的データおよび運動学的データを収集した。
結論;切り返し動作時に重心最大加速度を大きくするためには,着地時点から体を進行方向に傾け,踏切時点にて重心が低い姿勢を取れる能力が必要であることが示唆された。