サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2014/05
発表テーマ スロートレーニングとパワートレーニングのどちらの筋力トレーニングが高齢者の機能向上に有効か?
会議名 第49回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 共同
開催地名 横浜市
発表者・共同発表者 ◎池添冬芽, 中村雅俊, 佐久間香, 塚越累, 市橋則明.
概要 目的;スロートレーニングとパワートレーニングのどちらが高齢者の機能向上に有効であるかを明らかにすること
対象;京都市介護予防事業に参加した地域在住高齢者59名のうち,介入前後の測定会に参加できた51名
方法;対象者をスロートレーニングを実施するスロー群,パワートレーニングを実施するパワー群,トレーニングを実施しない対照群の3群に分類。介入前後の運動機能,歩行特性,筋特性,生活空間,精神心理機能を評価した。
結論;スロートレーニングとパワートレーニングはともに筋力や筋量,筋の質の改善に有効であり,加えてスロートレーニングは歩行特性の改善にも有効であることが示唆された。