サクマ カオル   SAKUMA KAORU
  佐久間 香
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   講師
発表年月日 2009/05
発表テーマ 健常者と脳血管障害片麻痺者の共同運動の特徴 異なる姿勢におけるprimary torqueとsecondary torqueの検討.
会議名 第44回 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京都
発表者・共同発表者 佐久間香,大畑光司,安井匡,中山宜久,梅村啓次,市橋則明.
概要 目的;測定姿勢の違いが選択的足関節底屈筋力と股関節最大等尺性伸展筋力発揮時に足関節に生じた共同運動に与える影響を明らかにすること
対象;健常成人10名と脳血管障害後片麻痺者7名
方法;立位と座位において,選択的随意足関節底屈筋力と共同運動を測定。健常者と片麻痺者の違いを調べた。
結論;両姿勢で健常者が選択的随意トルクを共同運動よりも大きく発揮できる一方で,片麻痺者では困難であることが示唆された。また,健常者と異なり片麻痺者の共同運動は姿勢の影響を受けることが示唆された。