ヨシオカ エイト   YOSHIOKA Eito
  吉岡 英斗
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   職種   講師
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070012h/
■ 現在の専門分野
化学系薬学, 物理系薬学 
■ 著書・論文歴
1. 2018/10 論文  Chiral alpha-hydroxy acid-coadsorbed TiO2 photocatalysts for asymmetric induction in hydrogenation of aromatic ketones (共著)  Link
2. 2018/07 論文  Oxidative Functionalization of CinnamaldehydeDerivatives: Control of Chemoselectivity by Organophotocatalysis and Dual Organocatalysis (共著)  Link
3. 2017/07 論文  Aqueous-Medium Selective Modification of Cysteine and Related Thiols with Tricyclic Oxygen-Heterocycles (共著)  Link
4. 2017/02 論文  Oxidative Radical Cyclization–Cyclization Reaction Leading to 1H-Benzo[f]isoindole Derivatives (共著)  Link
5. 2017/01 論文  Iron(III) Chloride Promoted Oxidative Radical Cyclization for the Synthesis of Lactams Having a Quaternary Carbon (共著)  Link
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. 2019/03/20 酸化チタン上でのエナンチオ選択的光水素化反応におけるマンデル酸の酸化的分解(日本薬学会第139年会)
2. 2019/03/20 鉄試薬を用いた2H-フロ[3,2-c]クマリン合成(日本薬学会第139年会)
3. 2019/03/20 有機色素を使用した電子不足オレフィンのオキシヒドロキシル化反応の検討(日本薬学会第139年会)
4. 2018/11/05 含酸素複素環によるシステインおよび関連チオール類の官能基選択的な修飾反応(第44回反応と合成の進歩シンポジウム)
5. 2018/09/05 芳香族ケトンのエナンチオ選択的光水素化反応におけるTiO2結晶形の効果(2018年光化学討論会)
全件表示(78件)
■ 講師・講演
1. 2019/01 不安定化学種の反応制御~ベンザイン・ラジカルを用いたカスケード反応の開発~(神戸市東灘区)
2. 2015/10 ベンザインからの段階的な歪み解消を基盤とした多成分連結反応 ―[2+2]型反応により生成するベンゾオキセテンの活用―(大阪大谷大学(富田林市))
3. 2015/06 ベンザインからの段階的な歪み解消を基盤とした反応開発(立命館大学(草津市))
4. 2015/03 ベンザインのC=O二重結合への挿入反応を基盤とした多成分連結反応の開発(神戸学院大学(神戸市中央区))
■ 受賞学術賞
1. 2015/01 日本薬学会近畿支部奨励賞
■ 取得特許
1. 2014/03/13 3-ハロアラインを生成するための合成中間体及びその合成方法(特願2014-50883)
■ 外部資金獲得状況
1. 2015/04~  二重活性型ベンザイン発生法の開発と不安定化学種を活用した連続反応の展開 基盤研究(C) 
■ 所属学会
1. 1999/04~ 日本薬学会
2. 2006/04~2009/03 日本分子イメージング学会
3. 2008/04~ 有機合成化学協会
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 大阪大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 2000/04~2002/03 大阪大学大学院 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 2002/04~2005/12 大阪大学大学院 薬学研究科 博士課程修了 博士(薬学)
■ 職歴
1. 2006/01~2006/03 大阪大学大学院薬学研究科 特別研究員
2. 2006/04~2009/04 大阪市立大学大学院医学研究科 システム神経科学分野 研究員
3. 2006/04~2008/03 (独)理化学研究所 分子イメージング研究プログラム 研究員
4. 2008/04~2018/11 兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 助教
5. 2018/12~ 兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 講師