タナカ コウイチ   TANAKA Koh-ichi
  田中 康一
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   職種   講師
■ ホームページ
   教員紹介
   教員情報
■ 現在の専門分野
薬理学, 生物系薬学, 医療系薬学, 神経化学・神経薬理学 (キーワード:神経、グリア) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/08 論文  Metoprine, a histamine N-methyltransferase inhibitor, attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion via activation of histaminergic neurotransmission in mice Pharmacology Biochemistry and Behavior 209C,pp.173257 (共著)  Link
2. 2016/07 論文  Elevated H2O2 levels in TNBS-induced colitis rats contributes to visceral hyperalgesia through interaction with the TRPA1 cation channel J Gastroenterol Hepatol. 31,pp.1147-1153 (共著)  Link
3. 2015/05 論文  Memory impairment and reduced exploratory behavior in mice after administration of systemic morphine Journal of Experimental Neuroscience 9,pp.27-35 (共著) 
4. 2014/04 論文  Agmatine attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion and stereotypical behavior in mice Behavioural Pharmacology 25(2),pp.158-165 (共著) 
5. 2013/07 論文  The selective mu opioid receptor antagonist beta-funaltrexamine attenuates methamphetamine-induced stereotypical biting in mice Brain Resarch 1522,pp.88-98 (共著) 
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2021/03/08 Kamishoyosan reduces aggressive behavior of isolated-reared mice toward inanimate objects and involvement of estrogen receptor β(The 94th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society) Link
2. 2021/03/08 LPS decrease KCC2 expression in primary rat cerebral cortex cells and PC-12 cells(The 94th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society) Link
3. 2021/03 Inhibitory effect of SB216763, a selective glycogen synthase kinase-3 inhibitor, on morphine-induced Straub’s tail reaction in mice(The 94th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society) Link
4. 2020/11/21 ALOXによる酸化ストレス抵抗性制御(第73回日本薬理学会西南部会) Link
5. 2020/11/21 隔離飼育ストレス負荷マウスの対物攻撃行動に基づく加味逍遙散の作用の解析(第73回日本薬理学会西南部会) Link
全件表示(205件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2016/04~  神経因性疼痛における新規Kチャネルとセロトニンの役割に関する研究 基盤研究(C) (キーワード:神経科学、神経障害性疼痛) Link
2. 2014/11~2015/02  酸化ストレスによるDNA障害修復機構の実態解明 その他の補助金・助成金 
3. 2013/04~2016/03  神経因性疼痛における新規KチャネルとATPの役割に関する研究 基盤研究(C) (キーワード:神経因性疼痛、脊髄後根神経節、K+チャネル、熱、ATPATP受容体) Link
4. 2010/04~2013/03  神経因性疼痛における新規Kチャネルと交感神経の役割に関する研究 基盤研究(C)  Link
5. 2008/04~2011/03  アストロサイトにおける酸化ストレスによるDNA修復酵素とヌクレオシド輸送体の変化 基盤研究(C) (キーワード:アストロサイト、酸化ストレス、過酸化水素、DNA修復酵素、DNAポリメラーゼβ、ヌクレオシド輸送体、CNT、ENT) Link
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1992/01~ 日本薬理学会
2. 2008/04~ ∟ 学術評議員
3. 2010/10~2012/09 ∟ 代議員
4. 2012/10~2014/09 ∟ 代議員
5. 2016/10~2018/09 ∟ 代議員
全件表示(12件)
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 大阪大学 薬学部 薬学科 卒業 薬学士
2. 1992/04~1994/03 大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 修士課程修了 修士(薬学)
3. 1994/04~1995/07 大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 博士課程中退
4. 2007/04/07
(学位取得)
鹿児島大学 博士(歯学)
■ 職歴
1. 1994/10~1995/02 大阪大学 薬学部 ティーチングアシスタント
2. 1995/08~2003/03 鹿児島大学 歯学部 助手
3. 1996/04~2007/03 学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校 歯科衛生士学科 非常勤講師
4. 2003/04~2007/03 鹿児島大学 大学院 医歯学総合研究科 助手
5. 2003/04~2007/03 鹿児島大学 歯学部 助手 (併任)
全件表示(15件)
■ 科研費研究者番号
30274848