ドエ ノブタカ   DOE Nobutaka
  土江 伸誉
   所属   兵庫医療大学  兵庫医療大学 共通教育センター
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 2017/07 論文  Molecular analysis of the mouse brain exposed to chronic mild stress: the influence of hepatocyte nuclear factor 4 alpha on physiological homeostasis (共著) 
2. 2017/01 論文  マウスのモリス型水迷路学習課題における実験装置の条件設定の重要性 (単著) 
3. 2016 論文  CAPS1 RNA editing promotes dense core vesicle exocytosis (共著) 
4. 2015 論文  Effect of Sema4D on microglial function in middle cerebral artery occlusion mice (共著) 
5. 2015 論文  Hepatocyte nuclear factor 4 alpha is a key factor related to depression and physiological homeostasis in the mouse brain (共著) 
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. 2017/11/02 IL18 の⽋損状態がうつ病など精神症状発現に及ぼす影響について〜IL18 ⽋損 マウスを⽤いた多⾓的検討〜(医療心理懇話会第2回集会)
2. 2017/10/10 Interleukin-18-deficient mice develop dysfunction of hippocampus resulting in depression-like behavior(WPA XVII World Congress of Psychiatry, Berlin, Germany)
3. 2017/06/24 IL18 の⽋損状態がうつ病など精神症状発現に及ぼす影響について〜IL18 ⽋損 マウスを⽤いた多⾓的検討〜(第113回日本精神神経学会学術総会)
4. 2016/12 水迷路学習場面で出現する行動的絶望マウスの血中サイトカイン濃度パターンの分析(第39回日本分子生物学会年会)
5. 2016/07 Interleukin-18-deficient mice develop dysfunction of hippocampus resulting in depression-like behavior.(30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology)
全件表示(100件)
■ 取得特許
1. 2010/11/05 欝モデルマウス作製法(4619823)
■ 外部資金獲得状況
1. 2016/04~2019/03  うつ病発症における遺伝・環境・個別的要因の相互作用が検討可能な動物モデル 個人研究 
2. 2012/04~2014/03  うつ病の発症脆弱性規定因を検討可能な行動科学的動物モデルの確立 個人研究 
3. 2010/04~2012/03  マウスの水迷路学習場面を応用した新しいうつ動物モデル 個人研究 
4. 2009/12~2010/11  新しい行動科学的うつ動物モデルを利用した抗うつ薬評価系の開発 国内共同研究 
■ 所属学会
1. ヒトと動物の関係学会
2. 関西心理学会
3. 日本感情心理学会
4. 日本実験動物学会
5. 日本実験動物技術者協会
全件表示(8件)
■ 学歴
1. 1992/04~1996/03 関西学院大学 文学部 心理学科 卒業 文学士
2. 1996/04~1998/03 関西学院大学 文学研究科 心理学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1998/04~2001/03 関西学院大学 文学研究科 心理学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2008/07/16
(学位取得)
関西学院大学 博士(心理学)
■ 職歴
1. 2002/04~2007/03 有限会社 行動医科学研究所 主任研究員
2. 2006/04~2007/03 関西学院大学 文学部総合心理科学科 助手
3. 2007/04~2009/03 ソムノクエスト株式会社 開発部 副部長
4. 2007/04~2013/03 株式会社 行医研 主任研究員
5. 2009/04~ 兵庫医科大学 先端医学研究所神経再生研究部門 非常勤講師
全件表示(6件)
■ 科研費研究者番号
00434879