ヒダカ マサミ   HIDAKA Masami
  日高 正巳
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   兵庫医療大学  大学院医療科学研究科 医療科学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070011m/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学, 医療管理学、医療系社会学 (キーワード:理学療法学、在宅生活、理学療法士教育) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/07 著書  リハベーシック 安全管理学・救急医療学   (共著) 
2. 2021/07 論文  「座る」から「生活をする」へのシーティングの基礎 褥瘡会誌 23(2),96-101頁 (単著) 
3. 2021/07 論文  座圧測定が市民権を得るために、理学療法士養成教育の変化から考える 褥瘡会誌 23(2),93-95頁 (単著) 
4. 2021/01 著書  理学療法研究法   (共著) 
5. 2020/05 著書  医療統計解析使いこなし実践ガイド   (共著) 
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 2019/07/27 臨床推論力・協働力を育む統合的シミュレーション教育プログラムの試行(第51回日本医学教育学会大会)
2. 2014/06/19 Construction of the Clinical Reasoning Model Required for the Acquisition of the Bathing Activity Evaluation Skill(16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists)
3. 2013/10/14 クリニカル・クラークシップによる臨床実習の定着に向けた取り組み(第7回全国大学理学療法学教育学会)
4. 2013/07/19 他動運動時の臀部圧変化(第15回日本褥瘡学会学術集会)
5. 2012/05 交流微弱電流刺激が足関節骨折術後に与える影響 ー第2報ー(第47回日本理学療法学術大会)
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2022/09/04 管理・教育シンポジウム、教育現場の立場から
2. 2022/02/13 理学療法教育の再考、これまでとこれから(WEB開催)
3. 2021/10/10 少人数職場でも活用できる卒後臨床教育について(WEB開催)
4. 2019/08/29 症例提示能力を高めるための教育実践、臨床実習後指導ならびに大学院教育での実践(春日井)
5. 2019/08/24 シンポジウム 褥瘡のシーティング、ポジショニング、ー次の世代へ残すものー、褥瘡患者のシーティング(京都)
全件表示(59件)
■ 受賞学術賞
1. 2008/06 兵庫県理学療法士会 奨励賞
2. 2008/05 第43回日本理学療法学術大会大会長賞
■ 外部資金獲得状況
1. 2011/04~2013/03  関節拘縮予防のための安全な他動運動の実施に関する研究 挑戦的萌芽研究 (キーワード:介護、褥瘡)
■ 所属学会
1. 1990/06~ 公益社団法人日本理学療法士協会
2. 2015/06 ∟ 検証資料小委員会 委員
3. 2015/06~2017/06 ∟ 教育制度委員会 委員
4. 2015/09~2017/06 ∟ ガイドライン・用語策定委員会 委員
5. 2015/12~2017/06 ∟ 教育対策本部 委員
全件表示(39件)
■ 学歴
1. 1987/04~1990/03 神戸大学医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
2. 1992/10~1994/09 佛教大学 社会学部 社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
3. 1998/04~2000/03 佛教大学 教育学研究科 生涯教育専攻 修士課程修了 修士(教育学)
4. 2001/04~2004/03 神戸大学 医学系研究科 保健学専攻 博士課程修了 博士(保健学)
■ 職歴
1. 1990/04~1995/03 公立宍粟郡民病院 理学診療科 理学療法士
2. 1995/04~1996/03 武部整形外科リハビリテーション リハビリテーション部 理学療法士
3. 1996/04~1997/03 医療法人仁寿会 石川病院 リハビリテーション部 理学療法士
4. 1997/04~2002/03 神戸大学 医学部 保健学科 助手
5. 1999/04~2007/03 新見公立短期大学 地域福祉学科 地域福祉学科 非常勤講師
全件表示(20件)
■ 科研費研究者番号
20294233