ツカモト コウジ   TSUKAMOTO Koji
  塚本 効司
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   職種   助教
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070031k/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
物理系薬学 
■ 著書・論文歴
1. 2019/02 論文  A fluorescent turn-on probe for Hg2+ with a high contrast designed by
manipulating functional groups tethered to naphthalimide (共著) 
2. 2016/05 論文  A Naphthalimide-Based Cd2+ Fluorescent Probe with Carbamoylmethyl Groups Working as Chelators and PET-Promoters under Neutral Conditions (共著) 
3. 2013/09 論文  An anthracene-based Cd2+ fluorescent chemosensor with a 4,7-bis(2-hydroxyethyl)-9-hydroxy-1,4,7-triazanonyl group as a highly selective chelator to Cd2+ over Zn2+ (共著) 
4. 2011/03 論文  A coumarin-based fluorescent probe for Hg2+ and Ag+ with an N'-acetylthioureido group as a fluorescence switch (共著) 
5. 2010 論文  Synthesis of Fused and Linked Bicyclic Nitrogen Heterocycles by Palladium-Catalyzed Domino Cyclization of Propargyl Bromides (共著) 
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2019/03/22 細胞内多硫化水素の高特異的蛍光イメージングプローブの開発(日本薬学会第139年会)
2. 2019/03/22 高い蛍光増大率を有する亜鉛イオン蛍光プローブの開発(日本薬学会第139年会)
3. 2018/03/27 ロドールをベースとした多硫化水素蛍光プローブの開発(日本薬学会第138年会)
4. 2017/10/14 多硫化水素を可視化する蛍光プローブの開発(第67回 日本薬学会近畿支部総会・大会)
5. 2017/03/25 ペリレン–ポリアミン複合体をベースとした蛍光DNAセンサーにおける誘導体化とその物性および蛍光特性変化(日本薬学会第137年会)
全件表示(14件)
■ 所属学会
1. 2011/07~ 日本分析化学会
2. 日本薬学会
■ 学歴
1. 2004/04~2007/03 大阪大学大学院 薬学研究科 分子薬化学 博士課程修了 博士(薬学)