ヤマモト サトシ   YAMAMOTO Satoshi
  山本 悟史
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  大学院薬学研究科 医療薬学専攻
   職種   教授
■ 現在の専門分野
医療薬学, 病態神経科学, 薬理学, 薬系衛生、生物化学, 薬理学 
■ 著書・論文歴
1. 2020/08 論文  Daikenchuto attenuates visceral pain and suppresses eosinophil infiltration in inflammatory bowel disease in murine models. J Gastroenterol Hepatol jgh3(12410),pp.1-9 (共著) 
2. 2019/05 論文  TRPA1-expressing lamina propria mesenchymal cells regulate colonic motility. JCI Insight 4(9) (共著) 
3. 2018/01 論文  Negative Regulation of TRPA1 by AMPK in Primary Sensory Neurons as a Potential Mechanism of Painful Diabetic Neuropathy. Diabetes 67(1),pp.98-109 (共著) 
4. 2017/11 論文  呉茱萸の主成分エボジアミンによる鎮痛メカニズム 漢方と最新治療 26(4),293-296頁 (共著) 
5. 2017 論文  一次知覚神経においけるAMPキナーゼによるTRPA1膜発現の制御 Pain Research 32(2),141-141頁 (共著) 
全件表示(24件)
■ 学会発表
1. 2019/03/22 一次知覚ニューロンに対する発酵・非発酵オタネニンジンの作用(日本薬学会第139年会)
2. 2019 TRPA1-expressing lamina propia mesenchymal cells regulate colonic motiility through prostaglandin release.(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
3. 2018/10/13 TRPA1受容体に対する小建中湯およびその構成生薬の作用(第68回日本薬学会近畿支部総会・大会)
4. 2018/06/16 炎症性腸疾患モデルラットに伴う内臓痛に対する大建中湯の効果(第40回日本疼痛学会)
5. 2017/10/14 AITC 耳介投与モデルラットを用いた新規疼痛行動評価方法(日本薬学会近畿支部総会・大会)
全件表示(26件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2016/04~2019/03  神経因性疼痛における新規Kチャネルとセロトニンの役割に関する研究 基盤研究(C) 
2. 2013/04~2015/03  神経因性疼痛における新規KチャネルとATPの役割に関する研究 基盤研究(C) 
3. 2010/04~2013/03  神経因性疼痛における新規Kチャネルと交感神経の役割に関する研究 基盤研究(C) 
4. 2007/04~2009/03  神経因性疼痛発現における新規イオンチャネルの解析 基盤研究(C) 
■ 所属学会
1. 日本神経科学学会
2. 日本生理学会
3. ∟ 評議員
4. 日本薬学会
5. 米国神経科学学会
■ 学歴
1. 1989/04~1993/03 久留米大学大学院 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 1993/04~2001/12 久留米大学 医学部 生理学第1講座 助手
2. 1993/11~1995/10 シンシナティー大学 医学部 薬理学講座 ポストドクトラルフェロー
3. 1998/03~1999/08 シンシナティー大学 医学部 薬理学講座 助手
4. 2001/12~2007/09 兵庫医科大学 医学部 生理学第2講座 助教授・准教授
5. 2007/10~ 兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 教授
■ 科研費研究者番号
60220464