カワグチ コウタロウ   KAWAGUCHI Kotaro
  川口 浩太郎
   所属   兵庫医療大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   兵庫医療大学  大学院医療科学研究科 医療科学専攻
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2019/12 論文  健常中高年における下肢機能が片脚立ち上がり能力に及ぼす影響 運動器リハビリテーション = The journal of musculoskeletal medicine : 日本運動器科学会誌 30(4),390-395頁 (共著) 
2. 2019/10 その他  【ファンクションを見る眼】ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方 Sportsmedicine 31(8),22-24,29-32頁 (単著) 
3. 2019/02 論文  スポーツ競技種目特性に基づいた理学療法 評価から理学療法(予防,コンディショニングへの応用を含む)まで 24 ホッケー競技:打撲,下肢の症状,腰痛への対応 理学療法(東京) 36(2),175‐185頁 (共著) 
4. 2019/01 論文  スポーツ障害評価・治療の新たな手法 スポーツ障害に対する治療とリハビリテーション スポーツ障害に対する高電圧パルス電流刺激療法 臨床スポーツ医学 36(1),70‐74頁 (共著) 
5. 2018/12 論文  筋機能III:筋機能障害に対する理学療法アプローチ 膝スポーツ傷害の筋機能障害に対する理学療法アプローチ 理学療法(東京) 35(12),1091‐1098頁 (共著) 
全件表示(56件)
■ 学会発表
1. 2019/11/17 片脚立ち上がりエクササイズが膝関節筋力、下肢運動機能の回復に及ぼす影響(第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会)
2. 2019/07/06 骨盤帯ベルトが身体機能に及ぼす影響について(第31回日本運動器科学会)
3. 2019/06/15 身体動作をサポートする機能的パンツ型紙オムツの開発(第56回日本リハビリテーション医学会)
4. 2019/06/13 スポーツ選手の腰痛マネージメント(第56回日本リハビリテーション医学会 専門職教育講演)
5. 2018/06/23 ロコモ予備群と考えられる健常中高年における下肢機能が片脚立ち上がり能力に及ぼす影響について(第30回日本運動器科学会)
全件表示(41件)
■ 講師・講演
1. 2019/06/13 スポーツ選手の腰痛マネージメント
2. 2019/04/07 車いすテニス大会サポート 事前勉強会 DUNLOP KOBE OPEN2019にむけて
3. 2018/11/08 クリニカルリーズニング
4. 2018/04/08 車いすテニス大会サポート 事前勉強会 DUNLOP KOBE OPEN2018にむけて
5. 2009/10 スポーツ現場での物理療法使用の実際 ーホッケーへの帯同経験からー(神戸市)
■ 受賞学術賞
1. 2015/07 一般社団法人 運動器科学会 学会奨励賞 (重度変形性膝関節症における歩行時膝周囲筋活動の解析)
■ 所属学会
1. 2005/04~ 運動器科学会
2. 2012/07~ ∟ 評議委員
■ 学歴
1. 1997/04~1999/03 広島大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 修士課程修了
2. 広島大学 医学系研究科 博士(医学)