ミヤベ ヒデト   MIYABE Hideto
  宮部 豪人
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  大学院薬学研究科 医療薬学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070012h/
■ 現在の専門分野
原子効率の高いラジカル付加反応を基盤とした新規ドミノ反応の開発, 不斉環境の増幅伝達又は固定化を基盤としたラジカル反応の立体制御, 遷移金属触媒の特性を活用した新規合成反応の開拓と応用, 機能性有機触媒の開発研究, 分子イメージン用プローブの開発研究 (キーワード:有機合成化学) 
■ 著書・論文歴
1. 2020 論文  Synthesis of Oxygen-Heterocycles Having Linker Components for Trapping Cysteine Derivatives Heterocycles 101(1),pp.263-272 (共著) 
2. 2019 著書  Catalytic and Enantioselective C-C Bond Forming Radical Reactions Elsevier Reference Modules in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering, Ed. Reedijk, J pp.1-20 (単著) 
3. 2019 論文  Photocatalytic single electron transfer reactions on TiO2 semiconductor Sci. China Chem. 62(11),pp.1439-1449 (共著) 
4. 2019 論文  Stereoselective organic reactions in heterogeneous semiconductor photocatalysis. Front. Chem. 7,pp.630 (1/6-6/6) (共著) 
5. 2018 著書  Organic Reactions Promoted by Metal-Free Organic Dyes under Visible Light Irradiation (Chapter 1) in Visible-Light Photocatalysis of Carbon-Based Materials. Open access peer-reviewed Edited volume, Ed. Yao, Y., IntechOpen, London Visible-Light Photocatalysis of Carbon-Based Materials. Open access peer-reviewed Edited volume, Ed. pp.1-18 (単著) 
全件表示(169件)
■ 学会発表
1. 2020/03 フッ化物希土類ナノ結晶の光触媒活性における価数変化の影響(日本化学会第100春季年会)
2. 2020/03 メソポーラスシリカ被覆酸化チタンによる気相中アセトアルデヒドの光触媒分解(日本化学会第100春季年会)
3. 2020/03 金属担持酸化チタンを用いた可視光照射による抗がん剤類似化合物の光触媒分解(日本化学会第100春季年会)
4. 2020/03 酸化チタン上での芳香族ケトンの不斉光水素化反応における立体選択性への影響(1):アナターゼTiO2微結晶の調製法(日本化学会第100春季年会)
5. 2020/03 酸化チタン上での芳香族ケトンの不斉光水素化反応における立体選択性への影響(2):基質とキラル共吸着剤との関係(日本化学会第100春季年会)
全件表示(131件)
■ 講師・講演
1. 2012/11 光触媒の有機合成反応への活用:光有機触媒研究の推進を目指して(京都)
■ 受賞学術賞
1. 2015 Outstanding Reviewer Status 2015 Award (Tetrahedron)
2. 2009 Most Cited Paper 2006-2009 Award (Tetrahedron) (Enantioselective Tandem Michael Reaction to Nitroalkene Catalyzed by Bifunctional Thiourea: Total Synthesis of (-)-Epibatidine.)
3. 2003/03 日本薬学会奨励賞
4. 2000/01 日本薬学会近畿支部奨励賞
5. 1998/12 有機合成化学協会研究企画賞
■ 取得特許
1. 2014/03/13 3-ハロアラインを生成するための合成中間体及びその合成方法(2014-50883)
■ 外部資金獲得状況
1. 2020~2023  酸化還元両過程の制御を基盤とした触媒的ラジカル反応の開発 基盤研究(C) 
2. 2016~2019  触媒的なラジカル生成を基盤した合成反応の開発 基盤研究(C) 
3. 2015~2018  抗がん剤分解のための高活性な可視光応答型光触媒の開発 基盤研究C 
4. 2013~2015  ラジカル反応プロセスの触媒化研究 基盤研究C 
5. 2012~2014  規則性ナノ空間光触媒の創製とラジカル化学的CO2固定化反応への展開 基盤研究C 
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. アメリカ化学会
2. 日本薬学会
3. 有機合成化学協会
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 大阪大学 薬学部 製薬化学科 卒業 学士
2. 1991/04~1993/03 大阪大学大学院 薬学研究科 前期課程 薬品化学専攻 修士課程修了 修士
3. 1993/04~1996/03 大阪大学大学院 薬学研究科 後期課程 薬品化学専攻 博士課程修了 博士(薬)
■ 職歴
1. 1996/04~2001/03 神戸薬科大学 助手
2. 2001/02~2002/01 米国ノースダコタ州立大学 日本学術振興会海外特別研究員
3. 2001/04~2002/03 神戸薬科大学 講師
4. 2002/04~2004/07 京都大学大学院薬学研究科 講師
5. 2004/08~2007/03 京都大学大学院薬学研究科 助教授・准教授