タナカ トシユキ   TANAKA Toshiyuki
  田中 稔之
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  大学院薬学研究科 医療薬学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070015t/index.html
■ 著書・論文歴
1. 2021/05 論文  Oncogenic transformation of NIH/3T3 cells by the overexpression of L-type amino acid transporter 1, a promising anti-cancer target Oncotarget 12,pp.1256-1270 (共著) 
2. 2020/12 論文  Reduced lifespan of erythrocytes in Dahl/Salt sensitive rats is the cause of the renal proximal tubule damage. Scientific Reports 10(1),pp.22023 (共著) 
3. 2020/10 その他  II 免疫炎症疾患の基礎知識:免疫系のしくみ 日本医師会雑誌:免疫・炎症疾患のすべて 149(特別号(2)),40-42頁 (共著) 
4. 2019/11 論文  Neutrophil/lymphocyte ratio elevation in renal dysfunction is caused by distortion of leukocyte hematopoiesis in bone marrow. Renal Failure 41(1),pp.284-293 (共著) 
5. 2019/05 著書  免疫・炎症病態×治療 Update  11-24頁 (共著) 
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 2021/12/08 IL-18 recruits CD103+ dendritic cells via NK cell activation and potentiates immunotherapy mediated by PD-1 blockade.(第50回日本免疫学会学術集会)
2. 2018/07/20 IL-18と免疫チェックポイント阻害薬によって誘導される抗腫瘍免疫における免疫細胞のダイナミクス(第27回日本がん転移学会学術集会・総会)
3. 2017/10/14 Activin-Aとヒアルロン酸を介するALDH陽性悪性中皮腫細胞の維持機構(第67回日本薬学会近畿支部総会・大会)
4. 2017/10/14 IL-18 による免疫チェックポイント阻 害剤の作用増強におけるCD122陽性 細胞の関与(第67回日本薬学会近畿支部総会・大会)
5. 2017/10/14 マウスがん細胞の in vivo 増殖におけ る PD-L1 の役割(第67回日本薬学会近畿支部総会・大会)
全件表示(52件)
■ 講師・講演
1. 2019/03/27 Augmentation of Checkpoint Blockade Immunotherapy with IL-18.(北京市)
2. 2011/05 老化すると免疫系細胞の運動能も下がるか?-加齢と獲得免疫:リンパ球の移動-(京都)
3. 2010/01 発がんと癌の悪性化.(神戸)
4. 2007/10 高内皮細静脈に発現する細胞動員シグナルと免疫細胞の動員制御.(神戸)
5. 2007/09 Lymphocyte trafficking in vivo: How do lymphocytes find their way?(Awaji)
■ 所属学会
1. マクロファージ分子細胞生物学研究会
2. 2006~ ∟ 運営委員
3. 日本がん転移学会
4. 2003~ ∟ 評議員
5. 日本炎症・再生医学会
全件表示(13件)
■ 職歴
1. 2007/04~ 兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科 教授
2. 2013/04~ 兵庫医療大学 大学院薬学研究科 医療薬学専攻 教授