タナカ アキト   TANAKA Akito
  田中 明人
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  大学院薬学研究科 医療薬学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www2.huhs.ac.jp/~h070016a/
■ 著書・論文歴
1. 2020/01 論文  Identification of HUHS190, a human naftopidil metabolite, as a novel anti-bladder cancer drug. Bioorganic & medicinal chemistry letters 30(1),pp.126744 (共著) 
2. 2015 論文  Identification and purification of target protein using affinity
resin bearing a photo-labile linker Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 25,pp.3373-3377 (共著) 
3. 2015 論文  Improvement of solid material for affinity resins by application
of long PEG spacers to capture the whole target complex of FK506 Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 25,pp.2788-2792 (共著) 
4. 2015 論文  Improving the Bioavailability and Anticancer Effect of the PCA-1/ALKBH3 Inhibitor HUHS015 Using Sodium Salt In Vivo 29(1),pp.39-43 (共著) 
5. 2015 論文  Linoleic Acid Derivative DCP-LA Ameliorates Stress-Induced
Depression-Related Behavior by Promoting Cell Surface 5-HT1A
Receptor Translocation, Stimulating Serotonin Release,
and Inactivating GSK-3β Mol Neurobiol 51,pp.523-532 (共著) 
全件表示(87件)
■ 学会発表
1. 2016/06/17 新規固相担体AquaFirmusの応用研究(1)~光切断リンカーを利用したターゲット選択的溶出および蛋白質精製(第11回ケミカルバイオロジー研究会)
2. 2012/07/08 アフィニティ樹脂用固相担体AquaFirmusTM開発研究1~既存固相担体(Toyopearl、Affigel、SGNEGDE gel)との比較研究~(第7回ケミカルバイロジー学会)
3. 2009/06 AffiGelR並みに非特異的蛋白吸着が少ないメタクリレート系固相担体“CheStarPro”の開発(第4回ケミカルバイオロジー学会)
4. 2007/06/29 生理活性物質との相互作用に基づくタンパク質機能探索~新規創薬ターゲット探索に志向したchemical genetics戦略~(構造活性フォーラム2007)
5. 2007/06/05 「生理活性物質から見た蛋白質機能解明-ケミカルバイオロジー研究-」(ゲノム創薬フォーラム)
全件表示(7件)
■ 外部資金獲得状況
1.   「化合物標的分子探索研究用リンカーの開発」 企業からの受託研究 
2.   化合物等を活用した生物システム制御基盤技術開発/siRNA ライブラリー等を用いた生物機能制御遺伝子の探索及び創薬標的検証技術の研究開発 企業からの受託研究 
3.   自動生細胞数カウント装置の研究と開発 企業からの受託研究 
4.   薬理活性物質の標的蛋白質の同定 企業からの受託研究 
5. 2011~2013  光切断リンカー付アフィニティ樹脂を用いた汎用的な生理活性物質探索法の開拓 個人研究 
全件表示(6件)