タナカ コウイチ   TANAKA Koh-ichi
  田中 康一
   所属   兵庫医科大学  薬学部 医療薬学科
   職種   講師
■ ホームページ
   教員紹介
   教員情報
■ 現在の専門分野
薬理学, 生物系薬学, 医療系薬学, 神経化学・神経薬理学 (キーワード:神経、グリア) 
■ 著書・論文歴
1. 2022/06 著書  Glycogen synthase kinase-3beta and methamphetamine abuse liability Advances in Health and Disease pp.161-180 (共著)  Link
2. 2022/06 論文  Neuroprotective effect of oxytocin on cognitive dysfunction, DNA damage, and intracellular chloride disturbance in young mice after cranial irradiation  5(612),pp.1-7 (共著)  Link
3. 2022/01 論文  Are histamine H3 antagonists the definitive treatment for acute methamphetamine intoxication? Current Drug Research Reviews in press (共著)  Link
4. 2021/08 論文  Metoprine, a histamine N-methyltransferase inhibitor, attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion via activation of histaminergic neurotransmission in mice Pharmacology Biochemistry and Behavior 209C,pp.173257 (共著)  Link
5. 2016/07 論文  Elevated H2O2 levels in TNBS-induced colitis rats contributes to visceral hyperalgesia through interaction with the TRPA1 cation channel J Gastroenterol Hepatol. 31,pp.1147-1153 (共著)  Link
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. 2022/07/02 Effects of a selective μ-opioid receptor antagonist on spontaneous behaviors in mice(Neuro2022 (第45回日本神経科学大会・ 第65回日本神経化学会大会・ 第32回日本神経回路学会大会)) Link
2. 2022/07/02 SB216763, a glycogen synthase kinase 3 inhibitor, blocks morphine-induced Straub’s tail reaction selectively, but not any other morphine effects.(Neuro2022 (第45回日本神経科学大会・ 第65回日本神経化学会大会・ 第32回日本神経回路学会大会)) Link
3. 2022/07/01 Expression and functional regulation of equilibrative nucleoside transporters in cultured astrocytes(Neuro2022 (第45回日本神経科学大会・ 第65回日本神経化学会大会・ 第32回日本神経回路学会大会)) Link
4. 2022/06/30 Analysis of the effects of oxytocin and vasopressin on mice showing high aggression in isolation-rearing(Neuro2022 (第45回日本神経科学大会・ 第65回日本神経化学会大会・ 第32回日本神経回路学会大会)) Link
5. 2022/03/07 Effects of pretreatment with glycogen synthase kinase-3 inhibitors on methamphetamine-induced hyperlocomotion, stereotypy and reward in mice(The 95th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society) Link
全件表示(219件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2021/04~2024/03  ヒスタミン神経活性調節と薬物依存治療 基盤研究(C) (キーワード:histamine, drug abuse, methamphetamine, pharmacotherapy, drug dependence) Link
2. 2016/04~  神経因性疼痛における新規Kチャネルとセロトニンの役割に関する研究 基盤研究(C) (キーワード:神経科学、神経障害性疼痛) Link
3. 2014/11~2015/02  酸化ストレスによるDNA障害修復機構の実態解明 その他の補助金・助成金 
4. 2013/04~2016/03  神経因性疼痛における新規KチャネルとATPの役割に関する研究 基盤研究(C) (キーワード:神経因性疼痛、脊髄後根神経節、K+チャネル、熱、ATPATP受容体) Link
5. 2010/04~2013/03  神経因性疼痛における新規Kチャネルと交感神経の役割に関する研究 基盤研究(C)  Link
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 1992/01~ 日本薬理学会
2. 2008/04~ ∟ 学術評議員
3. 2010/10~2012/09 ∟ 代議員
4. 2012/10~2014/09 ∟ 代議員
5. 2016/10~2018/09 ∟ 代議員
全件表示(12件)
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 大阪大学 薬学部 薬学科 卒業 薬学士
2. 1992/04~1994/03 大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 修士課程修了 修士(薬学)
3. 1994/04~1995/07 大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 博士課程中退
4. 2007/04/07
(学位取得)
鹿児島大学 博士(歯学)
■ 職歴
1. 1994/10~1995/02 大阪大学 薬学部 ティーチングアシスタント
2. 1995/08~2003/03 鹿児島大学 歯学部 助手
3. 1996/04~2007/03 学校法人 南学園 鹿児島医療福祉専門学校 歯科衛生士学科 非常勤講師
4. 2003/04~2007/03 鹿児島大学 大学院 医歯学総合研究科 助手
5. 2003/04~2007/03 鹿児島大学 歯学部 助手 (併任)
全件表示(16件)
■ 科研費研究者番号
30274848