コグレ ヨウコ   kogure yoko
  小暮 洋子
   所属   兵庫医科大学  薬学部 医療薬学科
   職種   助教
■ 著書・論文歴
1. 2022/04 論文  Yokukansan Suppresses Gastric Hypersensitivity and Eosinophil-associated Microinflammation in Rats With Functional Dyspepsia J Neurogastroenterol Motil . 28(2),pp.jnm21204 (共著) 
2. 2022/03 論文  Reactive Oxygen Species Cause Exercise-Induced Angina in a Myocardial Ischaemia-Reperfusion Injury Model Int J Mol Sci . 23(5),pp.ijms23052820 (共著) 
3. 2021/03 論文  Atractylodin Produces Antinociceptive Effect through a Long-Lasting TRPA1 Channel Activation Int J Mol Sci. 22(7),pp.3614 (共著) 
4. 2021/03 論文  The ubiquitin E3 ligase Nedd4-2 relieves mechanical allodynia through the ubiquitination of TRPA1 channel in db/db mice. Eur J Neurosci. 53(6),pp.1691-1704 (共著) 
5. 2021/02 論文  Eosinophil-associated microinflammation in the gastroduodenal tract contributes to gastric hypersensitivity in a rat model of early-life adversity. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 320(2),pp.G206-G216 (共著) 
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2021/11/07 TRPA1チャネル活性を有するAtractylodinの発痛作用(第11回日本中薬学会総会)
2. 2021/11/07 構成生薬の主成分の薬効・薬理からみた十全大補湯の新しい適応の提案(第11回日本中薬学会総会)
3. 2021/03/08 炎症性腸疾患モデルにおける大建中湯の鎮痛および抗炎症効果(第94回日本薬理学会年会)
4. 2020/03/27 カプサイシン誘発性疼痛に対する発酵及び非発酵オタネニンジンの鎮痛効果(日本薬学会 第140年会)
5. 2020/03/27 マスタードオイル誘発性疼痛に対する発酵及び非発酵オタネニンジンの鎮痛効果(日本薬学会 第140年会)
全件表示(25件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2019/04~2022/03  炎症性腸疾患に伴う内臓痛におけるROS感受性TRP受容体の役割 若手研究 (キーワード:大腸炎、内臓痛、TRP受容体)
■ 所属学会
1. 2009/08~ 生理学会
2. 日本薬学会
3. 日本薬理学会
4. 疼痛学会