イノウエ ミツヨ
  井上 満代
   所属   兵庫医療大学  看護学部 看護学科
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 2017/01 論文  The Japanese LupusPRO: A cross-cultural validation of an outcome measure for lupus Lupus 26(8),pp.849-856 (共著) 
2. 2017/01 論文  Predictors of poor sleep quality in patients with systematic lupus erythematosus Clinical  Rheumatology 36,pp.1053-1062 (共著) 
3. 2016/12 論文  外来通院している全身性エリテマトーデス患者の不確かさへの対処 日本慢性看護学会誌 10(2),56-62頁 (共著) 
4. 2017/04 著書  リウマチケア入門   (共著) 
5. 2019/04 その他  新人看護師に対するメンタリング 看護管理 4(29) (単著) 
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2021/10/21 SLE Patients’ Experiences with Daily Life Support from Their Partners: A Qualitative Study(The 13th International Nursing Conference)
2. 2020/10/22 Experience of systemic lupus erythematosus with pregnancy and subsequent preterm birth: A qualitative case study(The 22nd Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Virtual Congress)
3. 2020/10/22 The lived experiences of childcare burden in mothers with systemic lupus erythematosus: A qualitative study(The 22nd Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Virtual Congress)
4. 2020/03/25 Is use of Hydroxychloroquine Associated with Better Patient Reported Outcomes in Lupus?(The 12th European Lupus conference)
5. 2019/01/18 Burden of health-related quality of life in the pregnancy period among patients with systemic lupus erythematosus: A literature review(The 22nd East Asia Forum of Nursing Scholars)
全件表示(20件)
■ 講師・講演
1. 2019/12/14 SLE患者が抱える苦悩
2. 2019/12/03 SLE患者におけるQOL評価の重要性と日本語版LupusPROの有用性
3. 2019/09/06 SLE患者におけるQOL評価の重要性と日本語版LupusPROの有用性
4. 2019/04/17 SLE患者のQOLにおける定量的評価の重要性と疾患特異的QOL尺度【日本語版LupusPRO】の有用性(京都)
5. 2018/06 SLE患者のQOL向上を目指した看護の重要性とQOL定量化ツールLupus PROについて
全件表示(11件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2019/04~  SLE再燃ハイリスク患者の疲労感マネジメントモデルの開発と有用性の検討 若手研究 
2. 2019/04~  SLE患者における症状管理のための日々の疲労感変動測定尺度の開発 基盤研究C 
3. 2018/04~  リウマチ看護師の看護実践能力の検証とセルフケア支援促進プログラムの構築 基盤研究B 
4. 2017/08~2019/03  SLE患者の療養生活における夫のサポートを促進するプログラムの開発と有効性の検討 研究活動スタート支援 
■ 所属学会
1. 2013/04~ 日本慢性看護学会
2. 2017/04~ 日本看護科学学会
3. 2018/04~ 日本看護管理学会
4. 2019/04~ 日本看護教育学学会
5. 2020/04~ 日本臨床リウマチ学会
■ 学歴
1. 2014/04~2017/03 大阪大学大学院 博士課程修了 博士(看護学)