ハギハラ カナコ   Hagihara Kanako
  萩原 加奈子
   所属   兵庫医科大学  薬学部 医療薬学科
   職種   助教
■ 著書・論文歴
1. 2022/03 論文  Ellagic Acid Combined with Tacrolimus Showed Synergistic Cell Growth Inhibition in Fission Yeast Biocontrol Science 27(1),pp.31-39 (共著) 
2. 2020/11 論文  Downregulation of DUSP6, a negative regulator of oncogenic ERK signaling, by ACA-28 induces apoptosis in NIH/3T3 cells overexpressing HER2/ErbB2 Genes to Cells 26(2),pp.109-116 (共著) 
3. 2020/09 論文  Chemical genetic analysis of FTY720‐ and Ca2+‐sensitive mutants reveals a functional connection between FTY720 and membrane trafficking Genes to Cells 25(9),pp.637-645 (共著) 
4. 2018/12 論文  薬剤耐性菌の現状と最近の話題 環境管理技術 36(6),32-43頁 (共著) 
5. 2018/03 論文  More than Just an Immunosuppressant: The Emerging Role of FTY720 as a Novel Inducer of ROS and Apoptosis. Oxidative medicine and cellular longevity 2018,pp.4397159 (共著) 
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 2022/05/28 ケミカルゲノミクスを用いたFTY720の細胞機能とカルシニューリンのクロストーク探索(第68回日本生化学会近畿支部例会)
2. 2021/09/09 分裂酵母に対するエラグ酸とタクロリムスとの併用効果に関する検討(日本防菌防黴学会第48回年次大会)
3. 2020/12/10 Chemical genetic analysis of FTY720- and Ca2+-sensitive mutants reveals a functional connection between FTY720 and membrane trafficking(14th International Conference on Protein Phosphatase)
4. 2020/12/02 ERKシグナル調節薬ACA-28 を介するERK依存的細胞死とNRF-2経路の関わり(第43回日本分子生物学会年会)
5. 2019/12/06 α-EndosulfineホモログIgo1はストレス応答MAPKシグナルを介してリン酸化依存的に酸化ストレス耐性をもたらす(第42回日本分子生物学会年会)
全件表示(20件)
■ 所属学会
1. 酵母遺伝学フォーラム
2. 日本RNA学会
3. 日本プロテインホスファターゼ研究会
4. 日本生化学会
5. 日本分子生物学会
全件表示(7件)