ハギハラ カナコ   Hagihara Kanako
  萩原 加奈子
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   職種   助教
■ 著書・論文歴
1. 2020/11 論文  Downregulation of DUSP6, a negative regulator of oncogenic ERK signaling, by ACA-28 induces apoptosis in NIH/3T3 cells overexpressing HER2/ErbB2 Genes to Cells 26(2),pp.109-116 (共著) 
2. 2020/09 論文  Chemical genetic analysis of FTY720‐ and Ca2+‐sensitive mutants reveals a functional connection between FTY720 and membrane trafficking Genes to Cells 25(9),pp.637-645 (共著) 
3. 2018/12 論文  薬剤耐性菌の現状と最近の話題 環境管理技術 36(6),32-43頁 (共著) 
4. 2018/03 論文  More than Just an Immunosuppressant: The Emerging Role of FTY720 as a Novel Inducer of ROS and Apoptosis. Oxidative medicine and cellular longevity 2018,pp.4397159 (共著) 
5. 2018/02 論文  Rae1-mediated nuclear export of Rnc1 is an important determinant in controlling MAPK signaling. Current genetics 64(1),pp.103-108 (共著) 
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 2020/12/10 Chemical genetic analysis of FTY720- and Ca2+-sensitive mutants reveals a functional connection between FTY720 and membrane trafficking(14th International Conference on Protein Phosphatase)
2. 2020/12/02 ERKシグナル調節薬ACA-28 を介するERK依存的細胞死とNRF-2経路の関わり(第43回日本分子生物学会年会)
3. 2019/12/06 α-EndosulfineホモログIgo1はストレス応答MAPKシグナルを介してリン酸化依存的に酸化ストレス耐性をもたらす(第42回日本分子生物学会年会)
4. 2019/12/04 新規ERK活性調節剤ACA-28を介するメラノーマ細胞特異的細胞死誘導機構におけるNrf-2の役割(第42回日本分子生物学会年会)
5. 2019/10/12 α-Endosulfine ホモログIgo1 が酸化ストレス耐性をどのように獲得するのか―リン酸化依存的な調節機構について―(第69 回日本薬学会関西支部総会・大会)
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 酵母遺伝学フォーラム
2. 日本RNA学会
3. 日本プロテインホスファターゼ研究会
4. 日本生化学会
5. 日本分子生物学会
全件表示(7件)