ウエダ ハルヤス   UEDA Haruyasu
  上田 晴康
   所属   兵庫医療大学  薬学部 医療薬学科
   兵庫医療大学  大学院薬学研究科 医療薬学専攻
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 著書・論文歴
1. 2012/06 論文  Cisplatin-induced acute renal failure in mice is mediated by chymase-activated angiotensin-aldosterone system and interleukin-18. European Journal of Pharmacology 685(1-3),pp.149-155 (共著) 
2. 2010/05 論文  Mizoribine protects against bleomycin-induced lung injury Mod Rheumatol 20(5),pp.471-477 (共著) 
3. 2010/04 論文  Effect of IL-18 on expansion of gammadelta T cells stimulated by zoledronate and IL-2 J. Immunother 33(3),pp.287-296 (共著) 
4. 2009/07 論文  自然発症糖尿病SDTラットの膵島障害の発現におけるマクロファージの役割  58(4),383-394頁 (共著) 
5. 2008/12 論文  A role for IL-18 in human neutrophil apoptosis Shock 30(6),pp.628-633 (共著) 
全件表示(63件)
■ 学会発表
1. 2009/07/23 悪性中皮腫によるヒアルロン酸産生とその細胞遊走・増殖制御における意義(第18回日本がん転移学会学術集会・総会)
2. 2009/02/13 SDTラットの膵島傷害における組織浸潤マクロファージの役割(第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会)
3. 2007 CD8+T細胞の産生におけるIL-18の役割/Influence of IL-18 on generation of CD8+T cells following TCR/CD3 activation(第37回日本免疫学会総会)
4. 2007 IL-18がリンパ球集団のサイズに及ぼす影響(第72回日本インターフェロン・サイトカイン学会)
5. 2007 Interleukin-18 is involved in alteration of hypothalamic-pituitary-adrenal axis activity by stress(Society of Biological Phychiatry Annual Meeting)
全件表示(79件)
■ 外部資金獲得状況
1. 2010/06~  シスプラチン腎障害のメカニズム解明とその軽減に向けた薬物療法の創出 基盤研究C (キーワード:炎症・免疫、サイトカイン)
■ 学歴
1. 1986/04~1991/03 徳島大学 薬学部大学院 薬科学 博士課程修了 薬学博士
■ 職歴
1. 1991/04~1996/03 日本チバガイギー株式会社 医薬事業部研究開発統括部創薬ユニット グループリーダー
2. 1996/04~1999/09 ノバルティスファーマ株式会社 研究部 ラボヘッド
3. 1999/10~1999/11 兵庫医科大学 免疫学医動物学教室 研究生
4. 1999/12~2005/11 兵庫医科大学 先端医学研究所 助手
5. 2005/12~2008/03 兵庫医科大学 先端医学研究所 講師