ヤマオカ ヨウスケ
  山岡 庸介
   所属   兵庫医科大学  薬学部 医療薬学科
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 2022 論文  Enhanced Molecular Recognition through Substrate–Additive Complex Formation in N-Heterocyclic-Carbene-Catalyzed Kinetic Resolution of α-Hydroxythioamides ACS Catal 12,pp.6100-6107 (共著) 
2. 2022 論文  Lewis Acid-Catalyzed Diastereoselective Domino Reaction of Ene-Ynamide with Trimethylsilyl Cyanide to Construct Spiroindolines Org. Lett. 24,pp.4389-4393 (共著) 
3. 2022 論文  Relevant Synthesis to Manipulating Non-planarity in Dibenzo[g,p]chrysene: Substitution Reactions at the Bay Tetrahedron Lett 92,pp.153664-153669 (共著) 
4. 2022 論文  Total Synthesis of Cryptopleurine and Its Analogues  54,pp.2415-2422 (共著) 
5. 2021 論文  Oxidative β-Cleavage of Fused Cyclobutanols Leading to Hydrofuran-Fused Polycyclic Aromatic Compounds J. Org. Cham 86,pp.12615-12622 (共著) 
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2022 マイクロフロー法でのリチウムイノラートとα,β-不飽和カルボニル化合物との(2+2)環化付加反応によるシクロブテン合成(第72回日本薬学会関西支部総会・大会)
2. 2022 リチウムイノラートとα,β-不飽和カルボニル化合物との(2+2)環化付加反応のフロー法への応用(日本プロセス化学会2022サマーシンポジウム)
3. 2022 光誘起電子移動に基づくイナミドのドミノ反応による複素環合成(日本薬学会第142年会)
4. 2022 抗腫瘍活性ジテルペンprovidencin右セグメントの合成研究(第72回日本薬学会関西支部総会・大会)
5. 2021 Cryptopleurine誘導体の合成とその活性評価(日本薬学会第141年会)
全件表示(36件)
■ 受賞学術賞
1. 2015 日本薬学会近畿位s部 形式的[2+2]環化反応を用いた多環芳香族炭化水素の合成とその応用
■ 外部資金獲得状況
1. 2021~2023  新規発生法によるイノラートを用いた炭素四員環形成とその応用 基盤研究(C) 
2. 2019~2021  小員環および中員環のひずみを活用した生物機能性分子の設計と評価 基盤研究(B) 
3. 2018  低分子天然物類縁体の特性を利用した新規抗腫瘍ADCの創製研究とその応用 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2018~2020  連続反応によるダイバージェントな含窒素複素環構築とその創薬への応用 基盤研究(C) 
5. 2016~2017  イナミドを用いた複雑な生理活性複素環の簡便合成法の開発と創薬展開 若手研究(B) 
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2011/10~ 日本薬学会
2. 2011/10~ 有機合成化学協会
■ 学歴
1. 1996/04~2003/03 京都大学 薬学部 製薬化学科 卒業
2. 2003/04~2005/03 京都大学大学院 薬学研究科 修士課程修了
3. 2005/04~2008/03 京都大学大学院 薬学研究科 博士課程修了
■ 職歴
1. 2008/04~2011/09 シカゴ大学 化学科 研究員・ポスドク
2. 2011/10~2012/03 京都大学 学際融合教育研究推進センター 助教
3. 2012/04~2014/03 京都大学 ウイルス研究所附属新興ウイルスセンター 助教
4. 2014/04~2022/12 京都大学 薬学研究科 助教
5. 2023/01~ 兵庫医科大学 薬学部 医療薬学科 講師